自分の憧れる服はどうしても自分に似合わない | v6x8mk | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

自分の憧れる服はどうしても自分に似合わない

返信

ということがはっきり分かってしまった。

圧倒的な事実だった。

絶望だった。

どんな服も、着れなくなってしまった。


時間が経って、その絶望にはいくらか慣れた。

誰でも、自分に似合う服装で勝負しなきゃならない。

似合わないものがあるなら、似合うものを使うしかない。

この下らない憧憬と嫉妬を一生背負って、外の視線に対峙するしかないんだ。

投稿者 v6x8mk | 返信 (1) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:

Re: 自分の憧れる服はどうしても自分に似合わない

シルベスター・スタローンの話だったと思う

返信

誰か他のガチムチだったかも。うろ覚え。


すごくやりたい役があるんだけど、ガリガリでどうしようもない虚弱体質の人の話なので、できないんだとか。

みんなそんなもんなのかも。

投稿者 zig5z7 | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.